修理を引き受けたものの

CB750Fを修理してくれと頼まれました

知人が頼まれたのだけど
直すと「いいもの」をくれるというので
預かってみました(*^_^*)

Fはだいぶ昔に乗っていたので見てみたい気もしたしね

情報では、以前まで乗っていたものである
放置したのでエンジンがかからない
エンジン始動で「いいもの」がもらえるなら

バッテリーとキャブ掃除でかかるだろう

と甘く見ていました

実車を見てびっくり!
なんと絞りハン?がついていました
それも半端じゃなく(汗)

押し歩きもままならないんすよ
まったく力が入りませぬ(汗汗)

ただでさえ重く大きいCBです

どうしてこんなにするんだろ?
乗りずらくねーのかな?いや、そもそも運転できるのか?

疑問に思ってもどうにもなりませんが
持ち主がよろしければそれで良しとします

何はともあれ、キャブを外しました
今回はとにかくエンジン始動が目的で
お金は使わないということなので
上の部分はバラしません。大変なことになりそうだから

とりあえず下だけね

それでも開けてびっくり
オーバーフロー時の燃料を逃がす真鍮のパイプが
根元からクラクラ あ、さわってたら取れちまった

ジェット詰まりは当然としても
一個のキャブにはメインもスローも付いていませんでした

ホントに乗ってたのかい???

唖然としながらも
パイプの割れをふさぎ(ドレン穴をふさいだだけ)
モンキーのジェットをねじこみ(無論番数はあってない)

とインチキOHです

とりあえず組み付け
バッテリーをつなぎ
ガソリンを入れると

じゃじゃ漏れ・・・うーん、本格的に部品を買って
ちゃんとOHしないと駄目ですね

さらにあちこち見てみると
カムカバーのネジが何本か折れてます
クラッチもダメっぽい

「いいもの」もらうのはあきらめました


修理って大変ですね・・・

トホホな時間を過ごしちゃいましたね(;一_一)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。