タンク塗装2

さて、失敗中のタンク

新たにひび割れが増えていて
もはやこのままではどうしようもありません

お手上げ状態でしたが
タンクを買い直すのも癪なので

意を決して、総剥離に挑みました

電動サンダーにペーパーをつけて作業開始
すぐ目が詰まって、てんで話しになりません・・・

強力塗装剥がしなる薬剤を湿布する
案の定、表面のラッカーのみ剥がれるも
ウレタンのサフェーサーにはいまいち・・・

塗膜がかなり厚いのでスクレッパーで落ちるかも
と思いやってみると
コレがかなり良い感じで剥がれてくれました
なにしろ卵の殻より厚い感じですから刃が入れやすいのです
ガリガリっといったりツルーっと剥がれたり

soft 015.jpg

でも、ツライ作業でしたよ
デカイバイクのタンクなら
絶対途中で挫折してたと思います

ま、とりあえず
soft 018.jpg
完了・・・

速攻でサフェーサーをガンで吹いて
今日は終了です。

下地まで剥がしましたが
元の純正の塗料はでてきませんでした
ということは、この変な塗料(オレンジ色)を塗るときに
剥離してるんですね
大きなヘコミもなかったし、なんで純正の塗装を剥がしたのか?
普通、錆が出るので地金は出さない方がいいのですが・・・
不思議な塗装でした

ま、とりあえず悩みが一つ解決
よかったよかった

他のバイクもどうぞ

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。