弾丸極太マフラー その後

溶接ヘタクソですけど なにか?

そんなわけで写真をアップしないわけでもない
が、とても見せれるデキではないので・・・

ま、作りましたが

ステーを作るのが大変困難でした

元のステーの一部に溶接しようとしたから
角度が難しいのなんのって

合わせちゃ、万力にくわえてハンマーで叩く
の繰り返し

出来上がった頃にゃステーもボコボコですよ

僕のイメージではペタってつけて
ジジジって溶接して
はい出来上がりってな構想でしたから

甘いね、

所詮シロートですから、気にしまい


そんなわけで、しっかり装着できたので
早速試運転

意外と高性能でしたよ、このマフラー

メーター読みで100q超えましたもの
メーター合ってんだかしらんけど
とても伸びがよくなりました
音も良い感じです

以前のメーカー不明ダウンのショート管より
低音でグーな感じ

まあまあ良い買い物をしたと
自己満足で日は暮れたのであった。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

弾丸極太マフラー

弾丸極太マフラー

極太はわかる 確かに太い
弾丸はなんなんだろう??

というわけでこのマフラー
soft 024.jpg

自分でも格好いいんだか悪いんだか
ビミョーだ

いや、悪くはない うん

ステンレスが高騰して
公園の滑り台まで盗まれるこのご時世に
オールステン

このエキパイのつなぎっぷりなんてどうだ
武骨でよいじゃないか
そう感じさせる
soft 028.jpg 


全体のデキは決して悪くはない
だけど、モンキーにはすんなりつきません
サイレンサー部の取り付けステーの位置が
若干ズレているのである
soft 026.jpg

たぶん中国製のモンキーに搭載されている125ccのエンジン
に合わせているためだろう
シリンダーの大きさが違うからね

ブレーキペダルの軸につけるのだが
この軸は14mmであるが
マフラーのステーの穴は10mm位の穴しか開いていない

あっちのモンキーの軸は10mmなのかな?

排気部の取り付けはバッチリだったので
このステー部はなんとかしなけりゃいけない

とりあえづ針金で止めてみたけど
全然ダメです
週末にでも溶接で作るつもりです

音は見かけによらず静かでした
乗ってはいないけどね

この手のノーブランド製品は安く買えるので
品質やらサービスやらうるさいこと言っちゃいけませんよ
すぐ壊れようが、取り付けに難儀しようが
僕はあまり気にしません
安く買うということはそういうことです
あれがダメこれがダメという人は
カネを払えば良いんです

納得して買えば
安物買いの銭失いにはならないと思うのだが・・・




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ



マフラー選び

マフラーをヤフオクで探していると

ダウンタイプであまり見かけないマフラー発見

中国系パーツでしょう
ノーブランドです

でも、なんか迫力あって、こんなん見たことないってかんじ

実際付けたら格好いいのか悪いのか?
写真で判断できてません

が、落札してみました(汗)

音も性能も作りもなんもわかりません

後日、インプレッションしたいと思います


ハンドル正解

ハンドル交換しました

ダメもとで注文したので、どうかな?と思っていたけど

形、高さ共申し分ないものでした

さすがスペシャルパーツタケガワです

ちなみに買ったのは
レーシングセミアップという商品でスチールのヤツです

これならアルミタイプ買っても惜しくはないです

ま、いまさら騒ぐほどの商品ではないんだろうけど
定番なんでしょうけど
近くで売ってなかったからね 田舎ってたいへん

残るはマフラー
前からオーバー製がカッコ良いと思っていたのだが
これまた資金不足で手が出ず
友人宅に放ってあったダウンマフラー
いわゆるショート管を借りていたのです

昔からある定番の安いマフラーなんですが

格好いいんですね すっかり気に入ってしまっていた
のですが返却する日がやってきてしまいました

もはやアップスタイルに興味がなくなってしまいました

ショート管はすぐ手にはいるとしても
芸がないので
ダウンスタイルで短めなマフラーを
探し中です

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。